District development on a grand scale
Creating new attraction in Tokyo.
REDEVELOP
MENT

イメージパース(旧芝離宮恩賜庭園(徒歩6分/約440m)の敷地を含む現地周辺の写真(2020年11月撮影・現地より東方向地点)に完成予想CGを合成したものです。)
※内閣府HP掲載の都市再生特別地区(浜松町二丁目4地区)都市計画の概要から引用し、一部変更を加えています。

東京に新しい魅力を創出する壮大な街づくり。

1970年、世界貿易センタービルディング、完成。 当時、東洋一と言われた高さは約152m そのニュースは、日本中にインパクトを与えたという。 あれから半世紀、いま再びこの街が脚光を浴びている。 世界貿易センタービルディングの建替え計画を筆頭に、 世界を見つめた街づくりが繰り広げられている。 それは同時に、土地の文化や歴史的な文脈を継承した、 地域に愛される街づくりでもある。

District development on a grand scale Creating new attraction in Tokyo.

The World Trade Center Building was completed in 1970.
Having a height of approximately 152m, it was regarded as the tallest building in the East at that time, and the news sent shockwaves throughout Japan.
Half a century later, and this district is once again in the spotlight.
Starting with plans to rebuild the World Trade Center Building, district development is being advanced with eyes turned outwards to the rest of the world.
At the same time, the development aims to create a district that adheres to the local cultural and historical context and is loved by locals.

大門通り沿い(浜松町駅側)イメージ
※内閣府HP掲載の「都市再生特別地区(浜松町二丁目4地区)都市計画の概要」から引用し、一部変更を加えています

浜松町のランドマークが、いま、風景を一新する。

浜松町駅前は、いままさに大変革の真っただ中にある。総開発面積約3.8haもの再開発エリアに、日本生命浜松町クレアタワー(地上29階)と、世界貿易センタービル南館(地上39階)が先駆けて完成。さらに、「WORLD TOWER RESIDENCE」(地上46階)、モノレール棟、ターミナル棟、そして世界貿易センタービル本館(地上46階)が、次々と誕生する。2029年度には街全体が完成予定。いよいよ新たな歴史を刻みはじめる。(浜松町駅西口開発計画1

Hamamatsucho landmarks transforming the landscape.

The area around Hamamatsucho Station is currently undergoing massive transformation.
Covering a total area of approximately 3.8ha, the redevelopment has already witnessed completion of Nihon Seimei Hamamatsucho Claire Tower (29 floors aboveground) and the World Trade Center Building South Tower (39 floors aboveground).
These will be successively followed by WORLD TOWER RESIDENCE (46 floors aboveground), a monorail building, the World Trade Center Building terminal, and the World Trade Center Building Main Tower (46 floors aboveground).
The overall district is scheduled for completion in fiscal 2029. A new chapter of history is about to unfold.

中央通路イメージ(ステーションコア前)
※世界貿易センタービルディングHP掲載の「歩行者ネットワークの構築・交通結節点の機能強化を目的とした浜松町駅エリアの整備計画について」の概要から引用し、一部変更を加えています。
再開発概念イラスト

世界の人々を迎える、浜松町ならではの複合再開発。

住宅、オフィス、商業施設、医療施設、金融機関、劇場。浜松町駅前再開発エリアには、この街で職住遊のすべてがかなうほどの都市機能が集積される。さらに、海外からの来訪者を迎えるためのホテルや観光サポート機能、MICEセンターなども整備予定。東京と世界を結ぶゲート機能を担う浜松町ならではの街づくりが繰り広げられている。(世界貿易センタービル建替一体複合再開発事業2

Hamamatsucho’s unique mixed-use redevelopment,
Welcoming people from around the world.

Containing residences, offices, commercial facilities, medical care facilities, financial institutions and theaters, the Hamamatsucho Station redevelopment area will be a hub of urban functions catering to all working, residential and entertainment needs.
Moreover, it is also planned to construct hotels, tourism support facilities, MICE center facilities and more for welcoming visitors from overseas.
Development unique to Hamamatsucho as the gateway that connects Tokyo to the rest of the world is now being conducted.

MICE施設や国際水準のホテルを整備。

浜松町駅前複合再開発プロジェクトでは、「国際交流拠点の形成」を、大きなテーマに掲げている。国際会議の開催が可能なコンベンションホール、東京や日本の魅力を伝える観光サポート機能、さらに、来日したビジネスパーソンや観光客を迎えるラグジュアリーホテルも計画されている。浜松町は、これまで以上に世界中の人々が行き交うグローバルな街になる。

Construction of MICE facilities and international-standard hotels.

A major theme in the Hamamatsucho Station Area Mixed-use Redevelopment Project is “formation of an international exchange hub”.
This includes plans for a convention hall capable of staging international conferences, tourism and hands-on facilities conveying the appeal of Tokyo and Japan, and luxury hotels for welcoming businesspersons and tourists from overseas. Hamamatsucho is about to become even more of a global district frequented by people from all over the world.

ホテル内に整備される施設イメージ※3

客室イメージ
レストランイメージ
レセプション会場イメージ
ジムイメージ
プールイメージ

多言語対応医療施設や、子育て支援機能も。

来日した滞在者を支援する施設の充実も図られる。国際医療センターやファミリーに向けた子育て支援機能は多言語に対応。中長期滞在者の日常生活をサポートするコンシェルジュ機能も設置予定。来訪者が安心して便利に暮らせるようワンストップサービスが提供される。

There are also multilingual medical facilities and facilities to support childcare.

There will also be a wide array of facilities for supporting overseas visitors staying in the area. An international medical center and international childrearing support center will offer multilingual services. It is also planned to have concierge functions to support the everyday lives of visitors staying for the medium to long term. One-stop services will be provided to help visitors live with safety and convenience.

※ 掲載の情報は2022年5月現在の情報で、今後変更になる可能性がございます。また、各事業・施設の完成は工事の状況により遅れが生じる可能性があります。
※ 各施設の運営は将来にわたって保証されるものではありません。
※1 「浜松町駅西口開発計画」について
株式会社世界貿易センタービルディング、鹿島建設株式会社、東京モノレール株式会社、東日本旅客鉄道株式会社が共同で推進する東京都市計画都市再生特別地区の特定事業。世界貿易センタービルディング(東京都港区浜松町2-4-1)及び東京モノレール浜松町駅(東京都港区浜松町 2-4-12)の建替事業として、2026 年度竣工の世界貿易センタービルディング本館・ターミナルと 2029 年度竣工の東京モノレール浜松町駅舎の建設を予定。今後の詳細検討及び関係機関協議により内容は変更される場合があります。
2021年7月12日「浜松町二丁目4地区」都市計画変更手続きの開始について(参考 URL)https://www.wtcbldg.co.jp/info/images/20210712.pdf
2021年10月22日 モノレール浜松町駅の建替工事に着手します(参考 URL)http://www.tokyo-monorail.co.jp/news/pdf/press_20211022.pdf
※2 世界貿易センタービル建替一体複合再開発事業とは、世界貿易センタービル建替えを始めとする隣接街区とともに、浜松町駅西口地区地区計画の指定を受けて進行する第一種市街地再開発事業を表現したものであり、地上46階建の分譲マンション・事務所・商業施設・港区文化芸術ホール等予定(建物全体竣工予定時期/2026年12月下旬)となります。今後の詳細検討及び関係機関協議により内容は変更される場合があります。(2022年5月現在)
※3 掲載の各イメージ写真は内閣府HP掲載の「都市再生特別地区(浜松町二丁目4地区)都市計画の概要」から引用し、一部変更を加えています。